要求事項

1.朝日新聞(06/10/06)は、日野自動車が人材会社14社との間で、実態は労働者派遣   なのに出向契約を偽装していた、そして、この偽装契約が職業安定法にあたるので、今年7月26日に東京労働局から是正指導を受けていた、と報道しています。
 報道は事実なのか、また、貴社も是正指導を受けたのか、明らかにして下さい。


2.私たちは以前は業務請負で、今年9月から派遣になったと聞かされていました。報道が事実なら、日野の社員の人と一緒に毎日がんばって日野のトラックをつくってきたのに、私たちをだまして利用していた訳で、とても許せません。
  なぜ、そんな法律違反を犯したのか、納得のいく説明をして下さい。そして、私たちをだまして利用したことについて謝罪して下さい。
 また、偽装した出向契約や、貴社が私たちに出しているはずの出向辞令、そして、日野自動車と現在交わしている派遣契約を見せて下さい。これまで私たちが貴社と結んだ雇用契約書類は、貴社が全て回収して私たちにはコピーも渡してくれないので、その写しも提出して下さい。


3.私たちの時給は1,150円ですが、出向を偽装した期間中、日野自動車が貴社に対し、どんな名目で1人1時間当たりいくら支払っていたのか、説明して下さい。
  日野自動車が貴社に対し、「私たち出向者に対する賃金」を支払っていたのなら、いかなる名目であれ、貴社が受け取ったお金の一部を差し引くこと法律上できないはずです。(職業安定法および労働基準法)
  出向者賃金として受け取っていたのなら、貴社が法律に違反していわゆるピンハネしたことになる賃金を、ただちに労働者1人ひとりに返還して下さい。


4.貴社は、貴社が発行する求人誌「Job NAP」などで、日野自動車ではたらくと「月収31万円以上可」と約束しています。しかし、私たち組合員の月収は、月20時間以上の普通残業と60時間の深夜残業をしても平均で総額で24万円程度にしかなりません。1月、5月、8月など稼働日の少ない月は月収も大幅にダウンします。31万円以上もらっている組合員は1人もいません。
月収31万円以上の人が実際何人いるのか、どの位はたらくと31万円以上になるのか、また、平均の月収はいくらなのか、説明して下さい。
また、31万円以上可というなら、いますぐ31万円支払って下さい。


5.日野自動車が直接雇用する期間工と日研総業の私たちの賃金水準は、年収に換算して約70〜80万円以上の格差があります。同じ仕事をしているのですから、均等待遇を保障して下さい。


6.他の派遣会社と比べて日研総業の寮費(38,000円)は高いので、他社水準(20,000円程度)に引き下げて下さい。


日研総業ユニオンTOPへ戻る

ガテン系連帯TOPへ戻る

Copyright(c) GATENKEI-RENTAI All rights reserved.